ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

知覚過敏とは?冷たいものや甘いものが歯にしみる時は注意!

0

 歯がしみる!知覚過敏。この辛さは経験したことのある人にしか分からないかもしれません。知覚過敏はむし歯ではありませんが、冷たいものなどがいちいちしみて日常生活にも支障が出てしまうこともあります。今回は知覚過敏とは具体的にどのようなものなのか、むし歯の痛み方とはどのように違うものなのか、原因はどのようなものか、そして知覚過敏の対策法について見ていきたいと思います。

知覚過敏とはどういうもの?

 知覚過敏とは、むし歯ではないにもかかわらず、歯が主に冷たいものなどの温度刺激によって過敏に反応してしまい、一時的に痛みを伴うものをいいます。一般的には成人以降に見られ、歯周病の進行に伴い、歯茎が下がることによって歯の根元に起こる場合が多く見られます。もともと歯茎から出ている歯の部分というのはエナメル質に覆われているため、温度刺激を受けてもしみることはありません。しかし、歯周病などにより歯茎が下がると、エナメル質の層がない歯根が露出し、その部分から刺激を感じ取りやすくなるのです。

知覚過敏の症状はどんな感じ?

 知覚過敏の症状で最も多いのは「冷たいものでしみる」というものです。冷たい飲み物やうがいの時の冷たい水、そして冷たい空気でもしみます。また、冷たいものだけでなく、甘いものや味の濃いもの、酸味の強いもの、熱いものでしみることもあります。しかし、いずれの場合でも、しみる症状は一時的なもので、長くて1分もせずに治ってしまうことがほとんどです。そして、刺激を与えなければ痛むことはありません。

知覚過敏の原因

 知覚過敏の原因として最も多いと言えるのは歯周病です。しかしこの他にも、むし歯を治療した後の知覚過敏、ホワイトニング後の知覚過敏、強すぎるブラッシング、歯ぎしりが原因で起こる知覚過敏などがあります。

知覚過敏への対策法

歯茎下がりが原因の場合

 歯茎下がりによる知覚過敏は、歯周病や強すぎるブラッシングによって引き起こされます。そのため、加齢とともに起こりやすい特徴があります。歯周病の場合には、それ以上悪化して歯茎が下がらないように、しっかりと定期的に歯周病の治療を受けましょう。また、歯ブラシでついゴシゴシやってしまう人は、やわらかめの歯ブラシを使って、ペンを持つように歯ブラシを持ち、力を入れずに磨くことを心がけてみましょう。市販の知覚過敏用の歯磨き粉も効果がありますので、それを使ってみるのもオススメです。また、歯科医院にも知覚過敏を抑制する薬があるので、症状が辛い人は歯医者さんに薬を塗布してもらうと良いでしょう。

むし歯治療後の知覚過敏の場合

 特にむし歯が深部まで行っていた場合、歯を削った刺激が神経に伝わり、神経が炎症を起こしてしみやすくなることがあります。ほとんどの場合は1〜2週間もすれば自然に落ち着いてしみなくなってきますが、むし歯が非常に深かった場合などは数ヶ月続く場合もあります。しみる症状がだんだんとひどくなり、痛み出す場合にはもともと神経が深いむし歯によってダメージを受けていた可能性が高いため、神経を取ったほうが良い場合もあります。症状がひどい場合には歯医者さんに相談しましょう。

ホワイトニング後の知覚過敏の場合

 ホワイトニング中、もしくは術後に起こる知覚過敏は一時的なもので、落ち着いてきます。濃度の高い薬剤を使うオフィスホワイトニングでは強くしみてしまうケースもありますので、辛い場合には、低濃度の薬剤を使う、しみにくいホームホワイトニングに切り替えることをおすすめします。

歯ぎしりが原因の知覚過敏の場合

 強い歯ぎしりが原因で歯にダメージが加わってしみる場合もあります。このような場合、歯ぎしりから歯を守るような、夜間につけるマウスピースをつけることで症状が改善することも多く見られます。この夜間のマウスピースは歯医者さんで作ってもらうことができますので、心当たりのある人は歯医者さんに相談してみましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ