ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

耐えられない歯の痛み!痛い時にすぐに出来ること。

0

 耐えられない歯の痛みほど辛いものはありません。もう他のことなど全くできなくなってしまいます。耐えられない辛い歯の痛みを一刻も早く和らげるために、いくつか知っておきたいことがあります。今回は耐えられない歯の痛みに対してすぐにできること、またやってはいけないこと、耐えられない歯の痛みが起こる原因などについて解説していきます。

耐えられない歯の痛みに対してすぐにできる対処法

 耐えられない歯の痛みが突然起こった場合、次のことを試してみましょう。

1.自宅にある痛み止めを飲む

 自宅にある痛み止めを飲んでみましょう。痛み止めには種類がいくつかありますが、できれば市販のロキソプロフェンナトリウムやイブプロフェンを主成分とする薬が効き目が強いため、オススメです。

2.冷やしてみる

 痛い部分を冷やすことで、炎症部分の血管を収縮させ、神経への圧迫を弱めて痛みを和らげることができます。冷たいタオルや冷えピタなどで顔の外から冷やすか、冷たい水を口に含んでみましょう。

3.歯に詰まったカスを取る

 食べている最中に痛みが強くなってきた場合、食べかすが虫歯の穴に詰まって神経を圧迫し、痛みを引き起こした可能性が高いです。奥に押し込まないように注意しながら、食べカスをそっと取り除いてみましょう。

4.正露丸で対処する

 正露丸を常備しているご家庭もあることでしょう。この正露丸が歯の痛みに効果的なことがあります。ただし、白い正露丸ではなく黒いものに限り、飲むのではなく、歯に詰めるのです。虫歯で穴が空いていて痛みがある場合、正露丸をその穴に詰めることで、正露丸の鎮静成分が炎症を抑え、痛みを和らげてくれる可能性があります。

耐えられない歯の痛みに対してやらないほうがいいこと

 耐えられない歯の痛みに対して、やらないほうが良いこと、というのもあります。それは次のようなことです。

1.痛い歯をいじる

 痛い歯が気になって指や舌で押してみたり、歯をカチカチ合わせてみたりするようなことはやめましょう。炎症がさらに強くなって、痛みもますます激しくなる可能性があります。痛い歯はなるべく刺激しない、ということを忘れないでおきましょう。

2.お酒を飲んでごまかす

 痛みが辛い場合にお酒を飲めば麻痺して痛みを感じなくなる、と考えるのは間違いです。お酒を飲むと血流が良くなるため、炎症部分の血流もさらに良くなり、ますます痛みが強くなってきます。

3.我慢し続ける

 歯医者に行くのが怖いから、忙しいから、などの理由で歯の痛みを我慢してしまう人もいるかもしれません。しかし、耐えられない痛みが出ている時点で、歯の状態は相当悪化しています。自然に痛みが引いてきたとしても、それは治っているわけではなく、状況は確実に悪化し、細菌感染が歯の周囲に広がってきて、体の他の部分に感染を起こしてしまう場合もあります。耐えられない歯の痛みがある場合には、その後落ち着いたとしてもなるべく早めに歯医者に行くようにしましょう。

まとめ

 耐えられない歯の痛みは、一刻も早く治療を必要としているサインです。ちょっと様子を見れば落ち着くだろう、などと考えず、なるべく早く歯医者さんで診てもらうようにしましょう。夜間や休日でも救急センターなどに問い合わせれば、対処してくれるところを教えてくれます。また、耐えられない歯の痛みを起こさないようにするために、日頃から虫歯予防に心がけ、虫歯がある場合には早期に治療を受けるようにしておきましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る