ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

過剰歯とは?その原因と影響、歯医者さんでの治療方法を紹介

0

 過剰歯(かじょうし)とは、決まっている本数よりも余計に存在する、必要のない歯のことで、発生頻度は約30人に1人くらいであると言われています。過剰歯があるといろいろと問題を起こしやすいため、見つかった場合、積極的に抜歯が勧められるケースが多いのですが、骨の深くに埋まっている場合だととても困難な抜歯になることもあります。今回は過剰歯について、その原因や種類、過剰歯が引き起こす影響、治療法などについて見ていきましょう。

過剰歯の原因

 過剰歯ができてしまう原因ははっきりとはわかっていませんが、歯の元となる歯胚(しはい)が多く作られてしまったり、分裂したりすることで結果的に歯が多くなってしまう、とされています。人類において過去に存在していてその後退化してなくなってしまったものが突然変異で現れたり、遺伝などが原因だとも考えられています。

過剰歯の種類

 過剰歯が最も頻繁に見られるのは上の真ん中の前歯(中切歯)の間で、「正中(せいちゅう)過剰歯と呼ばれています。これは過剰歯全体の約半分を占めると言われており、ほとんどが上の前歯が生え変わる6〜7歳くらいの時期に 「永久歯が生えてこない」など何らかの異変が起こることで見つかります。このほかにも親知らずの後ろに生えてくる「第4大臼歯」や大臼歯の外側に生えてくるミニチュアサイズの大臼歯である「臼傍歯(きゅうぼうし)」などが挙げられます。

 また、過剰歯は他の歯と同様、口の中に出てくる方向に埋まっている場合(順生)が多いですが、反対方向を向いていたり(逆生)、真横に倒れて埋まっていたりする場合(水平埋伏)も珍しくありません。

過剰歯によって出る影響

 過剰歯があると様々なトラブルを起こす原因となります。過剰歯があることで例えば次のような影響が起こってきます。

1.永久歯が生えてこない

 上の中切歯の間に過剰歯があるケース(正中過剰歯)で特に見られ、過剰歯が邪魔になってなかなか永久歯が生えてこない、ということが起こります。

2.上の前歯がすきっ歯になってしまう

 こちらも正中過剰歯のケースで、過剰歯があるせいで上の前歯同士がくっつくことができず、すきっ歯になってしまいます。

3.永久歯の歯根を溶かしてしまう

 過剰歯が骨に埋まっていて他の正常な歯の歯根を押すような力が働き、その歯根を溶かしてしまうことがあります。

4.のう胞を作ってしまうことがある

 過剰歯が骨の中にとどまっている場合に、周囲に「のう胞」と呼ばれる袋状の病変を作ってしまうことがあります。こののう胞は大きくなって永久歯の歯根を圧迫して溶かしてしまったり、生えている歯が感染を起こした時にそののう胞に感染が広がり大きく腫れたりする原因となります。

過剰歯の治療法

 過剰歯が見つかるきっかけとして多いのは、永久歯がなかなか生えてこなかったり、生え方が悪かったり、というような理由でレントゲンを撮って見つかる場合です。また、実際に過剰歯が生えてきて見つかる場合もあります。このように永久歯の歯並びに確実に悪影響を及ぼすような場合には、過剰歯の位置や年齢などによって抜歯の時期を検討していきます。 

 しかし、過剰歯は必ずしも生えてくるとは限らず、骨に埋もれてずっと出てこないこともあります。このような場合は他の歯に悪影響を及ぼさないか、のう胞などを作っていないか、を基準に抜歯するかどうかを決めていきます。過剰歯が逆性(反対向き)の場合には放っておくと、鼻の方に移動してしまって副鼻腔の方に生えてしまうことがあるため、この様な場合にはそうなる前に早めに抜歯が勧められることもあります。

まとめ

 過剰歯の約半数は上の前歯の位置にありますが、この場合には上の前歯の生え方に何らかの形で異常が出てくることがほとんどです。「乳歯が抜けたのになかなか永久歯が生えてこない」「前歯の隙間がなかなか閉じてこない」という場合には、一度歯科医院でレントゲンを撮って過剰歯がないか検査してもらうことをおすすめします。また、他の位置であっても、もしも過剰歯があると分かったならば、定期的に異常が起こっていないことを確認してもらうようにしましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ