ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

口内炎が痛い!大きくなった口内炎の原因と痛い時の対処方法


0

 口内炎は小さなものでも痛みが強く、だんだんと大きくなってしまったり、なかなか治らないので辛い思いをしてしまうものです。でも結局は何もせずに、痛みに耐えながら治るのをただ待つだけ、という人も実際は多いのではないでしょうか。口内炎ができる原因にはどのようなものがあるのか、また痛い時になんとか症状を楽にする対処方法についていくつかご紹介していきます。

口内炎とは

 口内炎とは口の中の粘膜にできる炎症のことですが、一般的によく見られて口内炎と呼ばれているのは、「アフタ性口内炎」です。アフタ性口内炎は数ミリの白い円形潰瘍で、そのまわりの粘膜が赤く腫れたようになっているのが特徴的です。その他にも、このような特徴を持たず、赤くただれたようになっている口内炎や、白くいびつな形をしている口内炎、水疱ができて破れた後にできる口内炎など、口内炎と言ってもその種類は様々です。

口内炎の種類とその原因

 口内炎の種類とその原因は次のようなものです。

1.アフタ性口内炎

 ほとんどの口内炎はこれにあたり、口の中の粘膜であればどこにでもできます。今のところ、はっきりした原因はわかっていません。可能性として考えられているのは、免疫力低下、ストレス、ビタミンなどの不足、口の中への機械的刺激などが挙げられます。普通のアフタ性口内炎であれば、2週間もあれば自然に治ってしまいます。また、「ベーチェット病」と呼ばれる自己免疫疾患が原因で、アフタ性口内炎が多発したりひどくなることがあります。

2.カタル性口内炎

 合わない入れ歯や合わない銀歯、歯の尖ったところなどが粘膜を刺激することで起こります。やけどや薬品の刺激などで起こることもあります。アフタ性口内炎のようにはっきりとした境界がなく、赤くただれたようになります。

3.ウイルス性口内炎

 ヘルペス性口内炎、ヘルパンギーナ、手足口病などで起こります。小さな水疱がたくさんできて、それがのちに破れて口内炎になります。

4.カンジダ性口内炎

 免疫力が落ちた時に起こりやすく、乳幼児や高齢者にできやすい傾向があります。カビの一種であるカンジダ菌が異常に増えて起こります。白いコケ状の斑点ができるのが特徴で、拭うとその下は赤く炎症を起こしています。

5.アレルギー性口内炎

 薬や食べ物に対するアレルギーや、銀歯などに対する金属アレルギーで起こります。広範囲に口内炎ができたり、一部がただれたように赤くなったりします。

6.その他の口内炎

 喫煙が原因で起こるニコチン性口内炎では白斑ができることがありますが、これはガンになってしまうこともあるため要注意です。また天疱瘡という自己免疫疾患による口内炎は、水疱が潰れた後、口内炎がみるみる地図状に大きくなっていくのが特徴です。

口内炎が痛い時の対処方法

 口内炎で痛みが辛い時には次の対処法があります。

1.口内炎用の市販薬を使ってみる

 わざわざ口内炎のために歯医者に予約を入れてまで行きたくない、という人は、口内炎用の市販薬を使ってみましょう。炎症を抑える軟膏、口内炎に直接貼るパッチ(貼り薬)、抗炎症成分やビタミンを含んだ飲み薬、腫れや痛みを抑える口内炎用のスプレー薬など様々なタイプがあります。

2.歯科医院で軟膏をもらう

 歯科医院でアフタゾロンというステロイドの塗り薬をもらうのも良いでしょう。ステロイドは抗炎症作用に優れていますので、市販のものよりも高い効果が期待できます。

3.歯科医院でレーザー照射をしてもらう

 歯科医院によってはレーザーの設備がある医院もあります。レーザーで口内炎の表面を照射することで、治癒が早まったり、接触した時の痛みをかなり和らげることができます。

まとめ

 口内炎は基本的に、細菌が感染することで起こります。そのため、常にお口の中を清潔にしておくことが予防や悪化を防ぐために一番大事です。また、体力が落ちるとできやすくなるため、休息を十分にとってストレスをためないことも大事です。いつも同じところに繰り返してできる場合や、2週間以上経っても治らない場合、異常に大きくなってくる場合や異常に数が多い場合はただのアフタ性口内炎でない可能性がありますので、早めに歯科医院を受診しましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ