ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

銀歯の治療費と白い詰め物にするときの値段

0

 奥歯の虫歯治療をするとき、銀歯にするのか、白い詰め物にするのか選択しなければなりません。もちろん銀歯よりも白い方がいい、という人がほとんどでしょうが、治療の値段がそれぞれいくらくらいかかるのか?というのはとても気になるところです。これから虫歯治療をする人に、そして銀歯を白い歯に替えてみたいと考えている人にわかりやすいように、それぞれの値段についてご紹介していきます。

銀歯の治療費はどのくらい?

 銀歯は日本の保険のシステムでは保険適用です。銀歯が保険で入れられるのは、世界的に見て珍しいようで、日本での銀歯の値段は格安だと言えるでしょう。治療費は歯を削って型を取り、銀歯をくっつけるまでの費用で、保険3割負担で大体2000円から4000円くらいとなります。

白い詰め物の種類と値段

 白い詰め物と言っても何種類かあります。歯科用レジンと呼ばれるプラスチック、セラミック、プラスチックとセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドレジン(ハイブリッドセラミック)などが挙げられます。

■歯科用レジン

 奥歯の虫歯が小さい場合には、削ったところに歯科用レジンをその場で詰めて光で固める、という方法でも問題なく治療できます。しかし、大きな虫歯や広範囲に広がる虫歯の場合には、歯科用レジンでは強度が不十分で、すぐに割れてしまったりするため、あまり行われることはありません。こちらも保険が適用され、3割負担で1000円以内くらいです。

<利点>

・1日で治療が終わる
・歯の色に近いので審美的
・削る量が最小限で済む
・保険が効くので安い
・金属アレルギーを起こす心配がない 

<欠点>

・虫歯の範囲、大きさによっては割れてしまうため、できない
・プラスチックなので年数が経つと変色する
・歯垢が付きやすい

■セラミック

 白い詰め物で最高品質のものを、という場合にはセラミック(陶器)がオススメです。自然の歯と変わらない透明感を出すことができます。自費診療となり、相場は3万円〜5万円くらいです。

<利点>

・見た目が自然で変色しない
・歯垢がつきにくい
・金属アレルギーを起こす心配がない
・適合が良いので虫歯になりにくい

<欠点>

・厚みを取る必要があるため、削る量が若干多めになる
・陶器なので場合によっては割れたり欠けたりすることがある
・保険がきかないので治療費が高額になる
・硬すぎて噛み合う歯を傷めてしまうことがある

■ハイブリッドレジン(ハイブリッドセラミック)

 歯科用レジンとセラミックの良いところをかけ合わせてできた材料です。セラミックの粉とレジンを混ぜ合わせることにより、噛み合う歯を傷めない適度なやわらかさを備え、割れにくいという特徴があります。自費診療となり、3万円〜5万円くらいです。

<利点>

・見た目が自然の歯に近い
・適度なやわらかさがあるので割れにくい
・硬すぎないので噛み合う歯を傷めにくい
・金属アレルギーを起こす心配がない
・適合が良いので虫歯になりにくい

<欠点>

・プラスチックが入っているので、年数が経つと変色してくる
・すり減りやすい
・保険がきかないので治療費が高額になる
・厚みをある程度取るために削る量が若干多くなる

銀歯はやはりお得?

 奥歯の虫歯の場合、一見銀歯は値段がかなり抑えられると言えそうです。実際、値段を聞いて銀歯を選ぶ人も結構多いですが、本当に銀歯は安いと言えるのでしょうか?銀歯は硬さとしては問題ないのですが、実は銀歯と歯の間に隙間ができやすく、虫歯が他の材料と比べてできやすいのです。そのため、結局は早くダメになってしまって取り替えるタイミングが早くなってしまったり、歯自体も虫歯がどんどん深くなってさらに治療費がかかってしまうことが多くなるため、実際はあまりお得であるとは言えないかもしれません。

まとめ

 銀歯にするか白いものにするか迷っている人は、ただ値段が安いか高いかだけで決めず、それぞれの利点、欠点をよく踏まえた上で慎重に選ぶようにしていきましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る