ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

インプラントで失敗しないために必ず知っておくべきこと

0

 インプラントは「体に埋め込むもの」という意味を表します。人工関節やペースメーカーなどものインプラントの一種ですが、歯のなくなったところに人工の歯を埋める「歯科インプラント」に力を入れてきている歯科医院が近年増えてきています。そのため、多くの人がインプラント治療を受けやすい環境になってきましたが、その一方で、インプラント治療で失敗してしまう人は後を絶ちません。インプラントは埋め込んだら一生問題なく使える夢の装置ではないのです。インプラントで失敗しないために、インプラントの失敗にはどのようなものがあるのか、また、その失敗を防ぐために知っておくべきことは何なのか、について見ていきましょう。

インプラントの失敗にはどのようなものがある?

 インプラントの失敗には次のようなものがあります。

1.インプラントが抜け落ちた

 インプラントを埋め込んだのにくっつかなかった、または入れてから何年もしないうちに抜け落ちてしまった、という場合です。原因としてインプラントを行う歯科医師の技術の問題や、患者さん自身のお手入れが悪かった、喫煙していた、糖尿病のような全身的な病気の影響などが考えられます。

2.インプラントのかぶせ物が壊れた、取れた

 インプラントの上にかぶっている人工歯が壊れてしまったり、外れてしまう場合です。原因として、患者さんの噛み合わせが強かったり、スクリューなどの締め方が甘かった、というようなことが考えられます。

3.インプラントを入れたところの痛み、腫れが引かない

 インプラントを埋め込んだ後は抜歯の時と同様、痛みや腫れが数日は出ます。しかし、いつまでたってもそのような症状が引かない時は細菌感染を起こしていると考えられます。

4.インプラントを入れたところがしびれている

 インプラントを入れた周囲の唇や皮膚にしびれが続いている場合、インプラントを埋め込んだ時に、周囲の神経を傷つけた可能性が考えられます。

5.見た目が思っていたのと違った

 特に上の前歯にインプラントを入れた場合、歯ぐきの形というのは大変見た目に重要です。インプラントを埋め込むと多少骨が下がってしまうことがあります。そのため上の前歯ではそれとともに歯ぐきが下がってしまったのがよく見えてしまうため、見た目に問題が出ることがあります。

インプラントで失敗しないために必ず知っておくべきこと

 インプラントで失敗しないためには次のことを知っておくと良いでしょう。

1.インプラントの実績があり、経験豊富な歯科医師を選ぶ

 インプラント治療の成功・失敗を最も左右するのは「歯科医師選び」です。インプラントは特別な資格がなくても歯科医師であれば誰でも行えるため、不慣れな歯科医師では失敗する可能性が高くなります。インターネットなどで事前にインプラントに長けている歯科医師を探しておくと良いでしょう。

2.手術室や歯科用CTを備えている歯科医院を選ぶ

 インプラントは外科治療を行います。そのため、院内感染を防ぐために手術室を備えているのは大きなポイントです。また、骨に人工歯根を埋め込むため、骨の構造を立体的に再現できる歯科用CTを備えていることで手術に伴うトラブルを極力回避することができます。

3.衛生管理がしっかりした歯科医院を選ぶ

 器具を全て滅菌している、空気清浄機を備えている、など基本的な衛生管理をしっかりと整えている歯科医院を選びましょう。

4.タバコを吸う人は禁煙する

 インプラントも歯周病にかかります。正確には「インプラント周囲炎」と言い、タバコを吸うことでインプラント抜け落ちてしまうリスクが非常に高くなります。インプラント処置を受けたいなら禁煙することは必須条件です。

5.インプラントを埋め込んだ後もメンテナンスを欠かさない

 インプラントを埋め込んだ後のお手入れ次第でインプラントの持ちは随分変わります。自宅でのケアはもちろんのこと、インプラントを受けた歯科医院で定期的なメンテナンスを受けるのは決して怠らないようにしましょう。

まとめ

 インプラントは入れ歯やブリッジのような他の治療法と比べて快適な分、長持ちさせるためにより気を配る必要があります。インプラントをお考えの人は、ぜひ上のことに気をつけてみてください。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る