ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

歯茎が痛い!その原因と対処法

0

歯茎が痛む場合、その原因はさまざまで、放っておいて治る場合もあれば、治療せずに放っておくとだんだん悪化して非常に困った事態になる場合もあります。今回は歯茎がどんな原因で痛むのか、また原因別にどのように対処すれば良いのかについて詳しく解説していきます。

歯茎が痛い!その原因とそれぞれの対処法

1.歯周病

 歯茎が痛い場合に一番多く見られるのが歯周病です。歯周病には歯肉炎と歯周炎があります。歯肉炎とは歯茎だけが炎症を起こしている状態で、歯垢や歯石が溜まっていることで歯茎が赤く炎症を起こし、歯ブラシを当てたりすると簡単に出血し、ピリピリと痛みます。歯周炎は進行した歯周病で、炎症が歯茎だけにとどまらず、歯を支える骨も溶けて、ときに膿が大量に溜まって腫れ、強い歯茎の痛みを出すことがあります。

対処法

 歯肉炎の場合は溜まった歯垢を歯ブラシで歯茎を傷つけないように注意しながら念入りに磨くことで、2〜3日で落ち着いてくることが多いですが、歯石がついてしまっている場合には歯ブラシでは落とせないため、歯医者さんで歯石を取ってもらう必要があります。

 歯周炎はより状況が深刻で、対処法として歯磨きだけでは不十分です。歯の表面や歯周ポケット(歯と歯茎の間)に溜まった歯垢や歯石などの汚染物質を歯医者さんで念入りに取り除く必要があります。場合によっては抗生剤を使った治療が行われます。

2.根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)

 歯の内部にばい菌が入って、歯根の周囲に膿をためている状態です。歯根の先端部付近の歯茎を触ったり押すと痛みを感じます。ニキビのような膿の袋が歯茎に出てくることもあります。ひどい場合には何もしなくてもズキズキしてくることがあります。

対処法

 この場合は放置すると状態が悪化するため、早急に治療が必要です。通常、歯医者さんで根の治療を行います。状況によっては膿の袋を取り除く外科的な治療が必要になることもあります。
 

3.アフタ性口内炎

 アフタ性口内炎は口の中の粘膜にできる黄〜灰白色の潰瘍で、周囲が赤く、触れると強い痛みを伴います。

対処法

 通常1〜2週間ほどで自然に治りますが、痛みがつらい場合には歯医者さんで塗り薬を出してもらったり、レーザー照射を受けることで痛みを和らげたり、早く治すことができます。

4.歯茎の傷、やけどなどのダメージ

 歯ブラシで強く歯茎をこすって傷つけたり、熱いものを口にしてやけどをした場合です。

対処法

 通常、ダメージを受けた部分を安静にすれば自然に治ります。 

5.歯根破折(しこんはせつ)

 歯根が割れてしまうと、その部分に細菌が感染し、その割れた部分に相当する歯茎が赤く炎症を起こしてきます。

対処法

 歯根が割れた場合には抜歯、または一度歯を抜いた後、接着剤で元どおりにくっつけて植え直す(再植)、あるいは歯根が複数ある場合には割れた歯根だけ抜く(ヘミセクション)、などの外科処置が必要となります。

6.親知らず

 親知らずが生える時は歯茎が痛むことがよくあります。また、生えた後でも親知らず周囲の歯磨きが行き届かずに歯茎が炎症を起こしやすいものです。

対処法

 親知らずのブラッシングを念入りに行い、清潔を保つように心がける、または親知らずの条件が良くない場合には抜歯が勧められます。炎症が強い場合には抗生剤の治療が必要になることもあります。

7.食片圧入(しょくへんあつにゅう)

 虫歯で穴が空いていたり、歯と歯の隙間が大きくて歯と歯の間に食べ物が挟まり、歯茎に押し込まれると、歯茎が炎症を起こして痛みを出します。

対処法

 歯医者さんでものが挟まる原因を治してもらう必要があります(虫歯、歯周病の治療など)。

8.カンジダ性口内炎

 カンジダ菌による口内炎で、体の抵抗力が落ちたり、義歯をきちんと清掃していなかったりすると起こりやすくなります。抗生剤の長期服用で起こることもあります。口の中の粘膜に白い苔のようなものが付着し、剥がすと赤く炎症を起こした状態になっていてヒリヒリ痛みます。

対処法

 抗真菌剤のうがい薬、塗り薬などによる治療が必要となります。全身的な病気が原因で抵抗力が落ちている場合には、その病気の治療、抗生剤などが原因の場合には薬を中止するなどの手段が必要です。

まとめ

 歯茎が痛む場合に考えられる代表的なものについてご紹介しましたが、他に原因がある場合もあります。原因を自分で突き止めるのは難しいケースも多いため、数日たっても症状が和らいでこない場合には歯医者さんで一度診てもらうことをおすすめします。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る