ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

ぶつけた!転んだ!早めの対処で救えるかもしれない歯の外傷

0

こんにちは。キーデンタルクリニック歯科医師の中村希美です。

 歯の外傷は、乳歯は1~2歳頃、永久歯は7~8歳頃に多く起こると言われています。乳歯の場合は自分で歩けるようになる頃で、日常生活で転倒した場合に多く起こります。永久歯の場合はスポーツや事故、喧嘩などが歯の外傷の大きな原因となっています。いずれにしても、歯の外傷は前歯に起こることが多く、見た目にも直結する部分であることから、心理的なダメージも大きいものです。しかし、歯の外傷は早めの適切な対処によって良い治療結果が得られることが多いため、その必要性を知っておくと良いでしょう!

歯が外傷を受けるとどんなことが起こる?

1.歯が欠ける(歯冠破折)

1)亀裂が入る
2)少し欠ける(神経に達していない状態)
3)大きく欠ける(神経が露出している状態)

2.歯根が折れる

1)歯根の深い部分で横方向に折れる
2)歯冠(歯の頭の部分)から歯根にかけて縦に折れる

3.歯が脱臼する

1)歯の打撲(震盪)
2)歯が揺れる(亜脱臼)
3)歯の位置がずれる(脱臼)
4)歯が内側に沈み込む(陥入)
5)歯が脱落する(完全脱臼)

 このように、歯の外傷といっても重症度は様々です。対処法や治療法はそれぞれのケースによって異なります。

歯の外傷に対するそれぞれの対処法・治療法

1.歯が欠ける(歯冠破折)

1)亀裂が入る(不完全破折)

 歯にヒビが入っている状態です。レントゲンでは写りませんが、見た目にヒビが確認できます。
<対処法・治療法>
 症状がない場合には経過観察をします。冷たいものがしみる場合には歯の表面をコーティングしてその後の症状の経過をみます。

2)少し欠ける(神経に達していない状態)

 歯がエナメル質または象牙質の範囲で欠けてしまっている状態です。
<対処法・治療法>
 欠けた破片が残っている時は、湿らせた状態で歯科医院に持って行きましょう。接着剤でつけられるようであればその破片をくっつけるか、破片がない場合には歯科用のプラスチックの詰め物で治します。

3)大きく欠ける(神経が露出している状態)

 歯が欠けてピンク色をした歯髄(神経)が露出している状態です。神経の露出した部分には感染が起こっています。
<対処法・治療法>
 2)の場合と同様、欠けた破片は持参しましょう。露出した神経の状況、程度によって、受傷してから時間があまり経っていなければ、感染した部分のみ神経を取り除き、極力神経の保存を試みます。受傷して1日以上経過してしまった場合には全ての神経を取り除きます。経過を見て、破折片を戻してくっつけるか、歯科用プラスチックを詰めて歯の形を回復します。

2.歯根が折れる

1)歯根の深い部分で横方向に折れる(歯根破折)

 歯根が奥の部分で真っ二つに折れて、見た目的には歯が伸びてきたように見えます。レントゲン上では歯根側と歯冠側に分断されてしまっています。歯には動揺がみられます。
<対処法・治療法>
 動揺する歯冠をいち早く固定する必要があります。固定は両隣の歯を支えとし、2〜3ヶ月ほど接着剤でしっかりと固定し、安静にした状態で骨とくっつくのを待ちます。神経が分断されて感染が起こってしまっている場合には、その兆候が出た時点で神経の治療を行います。この場合歯根側の破折片の神経には触れません。

2)歯冠(歯の頭の部分)から歯根にかけて縦に折れる(歯根・歯冠破折)

 歯冠から歯根まで縦に割れてしまっている状態です。
<対処法・治療法>
 割れている位置が歯根の浅い位置で止まっていれば極力歯の保存を試みますが、深い位置に達している場合には歯を残すのが難しくなってきます。

3.歯が脱臼する

1)歯の打撲(震盪(しんとう)

 動揺も特に見られず、欠けてもいませんが、歯がダメージを受けており、触れたり叩くと敏感に痛みを感じます。
<対処法・治療法>
 そのまま経過観察をしますが、ダメージによって、歯の神経・血管が根元で切断されてしまっている場合があります。その場合、神経が死んでしまい、だんだんと歯の変色が起こってきます。この兆候が見られる場合、神経をとる治療が必要になります。

2)歯が揺れる(亜脱臼)

 ぶつけた衝撃で歯を支えている歯根膜が一部断裂し、歯が揺れますが、歯の位置は変わっていない状態です。
<対処法・治療法>
 歯の動揺がひどかったり、噛むと痛くて苦痛な場合には両隣の歯と2週間以上固定し、歯が強固にくっつくまで安静にします。 1)の場合と動揺、その後歯の神経が死んでしまった兆候が見られれば神経の治療をします。

3)歯の位置がずれる(脱臼)

 ぶつけた衝撃で歯が横にずれたり、飛び出してきている状態です。
<対処法・治療法>
 正しい位置へ戻し、両隣の歯と2週間以上固定します。神経が死んでいる兆候が見られれば神経の治療をします。

4)歯が内側に沈み込む(陥入)

 ぶつけて歯が内側にのめり込んでいる状態です。見た目には歯が短くなったように見えます。
<対処法・治療法>
 歯を正しい位置に戻し、ダメージを受けた骨の治りを待つためにも長期間両隣の歯と固定します(6週間程度)。神経・血管は確実に切断されているため、固定開始から10日以内くらいに神経の処置を行う必要があります。子供で永久歯の歯根が完成していない場合には経過を見て神経が死んでいる兆候が現れれば神経の治療をします。

5)歯が脱落する(完全脱臼)

 衝撃で歯が完全に抜けてしまった状態です。
<対処法・治療法>
 抜けた歯を歯根の部分を触らないように速やかに洗い、牛乳または生理食塩水、なければ水に浸した状態で一刻も早く歯科に持って行き、元の位置に戻して固定をする必要があります。早く戻すほど、その後の経過が良好となります。神経は完全に分断されているため、10日以内くらいに神経を取る処置をします。乳歯の場合には生え変わり時期や永久歯の位置によって元に戻さず様子を見る場合もあります。

まとめ

 歯にダメージを受けた場合には、見た目に何もないように見えても、異変が起こっていることがよくあります。決して見た目で「大丈夫だろう」と自己判断をせず、早めに一度歯科を受診することをお勧めします。また、衝撃の程度がひどいほど、歯には大きなダメージが加わっています。そのためそのような場合はより早急な対処が肝心となります。外傷がひどい場合は早めに診てもらえますので、すぐに歯科に連絡をするようにしましょう。また、外傷の場合は治療を受けた後にしばらくしてから異変が起こることもありますので、その後の定期的な検診は決して怠らないようにしましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る