ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

大切なのはタイミング!歯を失わないためにしておきたいこと!

0

 こんにちは。キーデンタルクリニック歯科衛生士の佐藤茉友です。

 皆さんが歯科医院へ行くタイミングはいつですか?歯科医院は歯が悪くなったら行くところと思っていませんか?歯が痛くなったら行くという人もいれば、定期検診に通っている人、痛くなっても我慢して行っていない人など様々だと思いますが、日本人の約6割が「悪いところがない限り行かない」という結果があるようです。しかしながら、悪くなったところを治療したとしても元通りに「完治する」ことはありません。単純に悪いところを取り除き、「修理・補強している」だけに過ぎないのです。本当の意味で健康な歯を保つためには「悪くなったところを治す」のではなく、「悪くならないように予防する」ことがとても重要です。歳を取っても元気な人の共通点は、歯が健康であること。末永く歯の健康を保っていきたい!そんなあなたのためにあるのが、歯のクリーニングです。

歯磨きしているのに歯を失ってしまう日本人

 痛くなっていないし、ちゃんと毎日歯磨きしているし、大丈夫!という人もいるでしょう。ある調査結果では、80歳で残っている歯の平均本数を他国と比較すると、スウェーデンが25本、アメリカが17本、そして日本はたったの8本というデータがあります。日本人だってちゃんと歯磨きしているのに・・この大きな差はどこから来ているのでしょうか?

 実は、スウェーデンやアメリカでは、定期的に歯科検診やクリーニングを受けている人の割合が高いのです。スウェーデンでは歯の健康のために最低でも年に1回は検診を受ける人がほとんどで、アメリカに至っては年に2回受ける人が最多となっています。その点日本では、悪いところがない限り行かない人が約6割。どうやら、健康な歯を保つことと歯科検診には深い関係性がありそうですね!

自分では「ちゃんと磨いてるつもり」でも全ての汚れは取りきれていない!

 1日3回きちんと磨いているのに、なぜか虫歯や歯周病になってしまうという人は「自分はそういう体質なんだ」と諦めているかもしれません。しかし、磨いているのにも関わらず虫歯や歯周病になってしまうというのは、実は「磨き残しがあるから」という理由が大きいのです。どんなに上手に磨ける人でも100%磨けるということはほぼありえません。特に汚れが溜まりやすいところとしては「歯の溝」「歯と歯の間」「歯と歯茎の境い目」があります。そこについた汚れを完全に取りきるのは非常に難しいのです。ちなみに歯ブラシだけで磨いた場合は6割程度、デンタルフロスを併用して磨いても8割程度しか汚れは取りきれていないと言われています。そうして残った汚れが蓄積し、虫歯や歯周病などに繋がっていきます。このようなトラブルを未然に防ぐために、自分で取り除くことのできない汚れを定期的に歯科医院でクリーニングすることがとても重要なのです。

歯科医院でのクリーニングってどういうもの?

■スケーリング・ルートプレーニング

 スケーリングは歯の表面にこびりついた歯垢や歯石を、専用の機械や器具を用いて取り除いていくというものです。ルートプレーニングでは歯の根っこの表面についた汚れを、その部位に合った器具を用いて取り除き、表面をなめらかに仕上げます。

■PMTC

 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、プロによる機械的な歯面清掃という意味で、シリコンやゴムでできた器具や回転ブラシ、専用のクリーニングペーストを使って、歯のすみずみまでプロの技術で徹底的に磨き上げるクリーニングです。PMTCを受けることで次のような効果が得られます。

<PMTCの効果>

1.ガンコな着色が取れて歯が白くなる
2.歯の表面がツルツルになり、汚れや着色がつきにくくなる
3.虫歯や歯周病のリスクが大幅に減ってお口の中が健康になる
4.口臭が改善する

PMTCはお口の「体質改善」

 スケーリング・ルートプレーニングは「ついてしまった歯石を取り除く」という「悪くなったものに対する治療」である一方、PMTCは汚れを取るだけでなく、「汚れをつきにくくする」という予防的な治療となります。つまり、それまでと同じ生活をしていてもPMTCをすれば虫歯や歯周病のリスクが激減するという、いわばお口の「体質改善」とも言える治療です。定期的についてしまった歯石を取ることと併せて、PMTCで予防をしていくとベストなのではないでしょうか。

クリーニングはどのくらいの頻度で受けるのがいい?

 クリーニングを受ける頻度として理想的なのは、3ヶ月に1度です。その理由として、一度取り除いてきれいになった歯の表面に、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊が再形成されるのがだいたい3ヶ月後くらいだからです。お口の健康を保ち続けるために、できれば3ヶ月ごと、季節の変わり目くらいに定期的クリーニングを受けることをおすすめします。

まとめ

 虫歯菌や歯周病菌は、歯や歯ぐきをダメにする原因というだけでなく、血管の中に入り、全身に巡って体の至るところの病気の原因にもなりうるということも分かっています。日々のブラッシングに加え、定期的に歯のクリーニングを受けることで、全身の病気も未然に防ぐことが可能です。皆さんも是非、お口と全身の健康のために定期的に歯科医院でクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

photo credit: Surprise! Amelia! via photopin (license)

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る