ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

矯正治療で歯を抜くのはなぜ?歯を抜かないとどうなる?

0

 矯正治療を考えているけれど、「健康な歯を抜かなければならない」という話を聞いて迷っている方もいるのではないでしょうか?日本における矯正治療では、歯を抜いて並べるケースが多いものです。その一方で「非抜歯矯正」といって、歯を抜かずに矯正治療ができる場合もあります。歯を抜くか抜かないかは、歯科医師が症例を見極めて判断していくことになります。今回は矯正治療と抜歯の関係についてご説明します。

なぜ矯正治療で歯を抜くの?

1.叢生(そうせい)=歯並びのデコボコを治す

 歯がデコボコに並んでいる状態を「叢生」といいます。

・顎の骨の大きさに対して歯が大きく、歯と歯が重なって並んでいる

・顎の骨が小さく、歯が並ぶスペースがなく、歯と歯が重なって並んでいる

 どちらの場合もきれいに歯を並べるためにはスペースが必要になります。あまりデコボコしていない場合には、顎の骨を装置で広げ、歯の幅を少し削れば、抜歯をせずに歯を並べられる場合もあります。しかし、デコボコ具合が強い場合には顎の骨を広げるのも歯を削るのも限界があるため、抜歯をして歯を並べるためのスペースを作ります。

2.出っ歯を治す

 日本人は骨格的にもともと口元が張り出している場合が多く、歯を抜かずに並べていくと口元の突出感が増してくる場合があります。特に出っ歯の場合は、歯を抜いて出ている前歯を後ろに引っ込めていきます。

なるべく歯を抜かずに矯正するためには?

 日本では成人矯正(永久歯に生え変わってからの矯正)に関して、65.4%の人は抜歯が必要である、という報告がありますが、小学校高学年~中学生の成長途中の時期に矯正治療を始めることで抜歯をせずに矯正治療ができる可能性があります。
 成長発育途中の段階では顎の骨も成長しています。この時期に顎の骨の成長を促して歯の並ぶスペースを確保しながら矯正治療を行うことで、歯を抜く可能性が低くなります。成長が止まってからでは顎の骨を広げるにも限界があるため、成長期に顎の骨の発育を促しておくことがとても大事なのです。

歯を抜かずに矯正治療を行うリスク

 成人矯正において、抜歯を行ったほうが良いケースなのに抜歯をせずに矯正治療を行った場合、次のようなリスクがあります。

1.歯肉退縮が起こる​

 歯肉退縮とは、歯ぐきが下がることです。歯を抜かずに並べようとすると、歯の埋まっている骨から外側に歯根が出てきてしまうことがあります。その結果歯茎が下がり、知覚過敏が起きる原因となったり、年齢より老けて見えることがあります。

2.口元の突出感が増す

 デコボコの歯並びを無理に並べると、歯が外側に広がるような形で並ぶことになります。そのため、口元が飛び出したような顔つきになります。

3.矯正治療後の後戻りが起こりやすくなる

 矯正治療後には「後戻り」という現象がつきもので、治療後には必ず後戻りを予防する取り外し式の装置や固定式の装置をある一定期間装着します。無理に非抜歯で矯正を行うと、より後戻りが起こりやすくなる可能性があります。

矯正治療ではどの歯を抜く?

image
この画像はデンタルフラッシュの画像を仕様しています。

 矯正治療で抜歯を行う場合、一般的には前から4番目か5番目の「小臼歯」と呼ばれる歯が抜歯の対象となります。八重歯がある場合、「八重歯を抜いてしまえば早いのでは?」と思われがちですが、八重歯を抜歯することはほとんどありません。小臼歯を抜歯するのは次のような理由によります。

1.前歯のように見た目にそれほど重要ではない
2.犬歯のように長い歯根ではなく、噛み合わせに重要な働きをするわけではない
3.大臼歯のように食べ物をすりつぶすのに重要で、がっちり埋まっている歯ではない
4.小臼歯2本は同じような形をしており、どちらか1本を抜いてもあまり支障がない

矯正治療の抜歯は保険が効く?

 矯正治療に必要な抜歯は、「矯正治療に必要な治療」ということで保険がききません。そのため、自費での治療となり、費用は歯科医院によって変わります。だいたいの目安は1本5000円〜10000円くらいです。
抜歯の本数は症例によっても変わりますが、上下左右の小臼歯を1本ずつ、合計4本抜くケースが多く、上下の顎の大きさの差が顕著な場合にはどちらかを左右1本ずつ、合計2本抜く場合もあります。

まとめ

 できれば抜歯をせずに矯正治療したいと思っている方も、お口の状態によっては歯を抜いた方が良い結果に繋がることがあります。歯を抜くか抜かないかを担当歯科医師と相談し、どちらのメリット・デメリットも理解した上できれいな歯並びと、理想的な噛み合わせを手に入れましょう!

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る