ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

大人の虫歯はこうやってできる!大人のための虫歯予防法

0

 こんにちは。キーデンタルクリニック、歯科医師の中村希美です。

 「特に痛い所もないから虫歯もないだろうし、歯医者には長らく行っていない」という方も意外に多いのではないでしょうか。しかしこの、「痛くないから虫歯はない」という考え方、ちょっと危険です。厚生労働省の調査によると大人の9割以上に虫歯があり、40才以上では近年増加傾向があることがわかっています。今回はこの大人の虫歯について詳しく解説していきます。

大人の虫歯の5つの特徴

 40才以上のおよそ4割の人が虫歯で歯を喪っていると言われています。つまり、大人の虫歯は致命的になりやすいということです。このような大人の虫歯にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.詰め物の下から虫歯になりやすい

 大人の虫歯で一番多いと言われているのが、銀歯などの詰め物やかぶせ物の下にできる虫歯です。30代にもなるとほぼすべての人が一度は虫歯になったり、治療した経験がある、ということが厚生労働省の調査でわかっています。この詰め物の下というのは年数が経つと接着剤の劣化などが原因で虫歯になりやすく、また虫歯ができても見えないため気づきにくいのが特徴です。

2.歯ぐきが下がって虫歯になりやすい

 年齢を重ねるにつれ、加齢現象や歯周病の進行によって歯ぐきが下がり、もともと歯ぐきに隠れていた歯の根っこが露出してきます。そしてこの根っこの部分には、歯冠(もともと歯ぐきから出ている歯の頭に相当する部分)のように、表面に強靭なエナメル質が存在しないため、虫歯になりやすいのです。ある程度の年齢になって「これまで虫歯は1本もなかったのに初めて虫歯ができた」という場合によく見られるパターンです。

3.虫歯でも痛くない場合がある

 虫歯治療で歯の神経を抜いた経験のある人も少なくないことでしょう。神経のない歯は虫歯がどんなに深くなっても痛みを感じません。そのため、気づかないうちに虫歯が進みすぎて歯を抜かなければならないということがあります。

4.唾液が減り虫歯になりやすい

 口の中の唾液は雑菌を洗い流す役割があるため、唾液の量が減ると虫歯になるリスクが高まります。唾液の分泌は生活習慣、ストレスなどで左右されやすく、最近大人で唾液が減少する「ドライマウス」の人が増えています。

5.親知らずが原因で虫歯ができることがある

 親知らずが真っ直ぐ生えずに埋もれたままの人も多いものです。一番怖いのは中途半端に埋もれた親知らずです。半端に露出した部分にバイ菌が繁殖し、手前の歯に大きな虫歯を作ることがよくあります。

こんな人は要注意!大人虫歯になりやすい人の特徴

1.治療済みの歯が多い

虫歯は全部治療済みだから安心というわけではありません。治療した歯が多い人ほど要注意です。

2.歯ぐきが下がっている

 歯を磨く時ついつい力を入れてゴシゴシ磨く、歯周病が進行している人は歯ぐきが下がりがちです。

3.口の中がネバつく、乾燥している

 唾液が減ると口の中がネバつく感じがします。また、糖尿病にかかっている人も唾液の分泌が落ち、虫歯ができやすくなります。

4.間食や糖分の摂取が多い

 甘いお菓子をよく食べる人は言うまでもありませんが、口さみしさによく飴を食べる、砂糖入りのコーヒーや紅茶をよく飲む、という人も要注意です。

5.よく噛まずに食べる

 食事内容にやわらかいものが多く、あまり噛まないという人は唾液が十分に分泌されません。また、やわらかいものは歯に残りやすいため虫歯になるリスクが高くなります。

6.夜アルコールを飲んで歯磨きをせずに眠ってしまう

 夜に歯磨きをしないで寝るのは「どうぞ虫歯になってください」と言っているようなものです。それに加え、アルコールは利尿作用があるため、口が乾燥してしまい、余計に虫歯になりやすくなります。

7.半端に埋もれている親知らずがある

 歯ぐきからちらっとのぞく親知らずのある人は要注意です。

大人の虫歯を予防する5つの対策

1.歯磨きの仕方を見直す

・1日に最低2回は磨く
・食後30分以内に磨く
・寝る前は特に丁寧に磨く
・歯と歯の間はデンタルフロスを1日に一回通す
・フッ素入りの歯磨き粉を使う
・歯の根元は念入りに、かつソフトタッチで磨く

2.糖分の摂り方に気をつける

 糖分が口の中に長時間とどまらないように、時間を決めて摂るようにしましょう。また、甘い物を食べたらお水を飲んだり口をゆすぐようにしましょう。

3.唾液を出すことを意識する

 お食事に繊維質のものも取り入れてよく噛んで食べるようにしましょう。最近はインターネットやスマホの普及により、あまり喋る機会がなくなってきていることもドライマウスの原因の一つとされています。喋ることは唾液の分泌を促します。また、シュガーレスやキシリトールのガムを噛んで唾液を出すのも良いでしょう。

4.歯科医院で定期的に検診・クリーニングを受ける

 定期的に歯科医院で詰め物の下に虫歯がないかレントゲンで確認してもらったり、普段の歯磨きで取りきれない歯垢や歯石を取り除いてもらいましょう。

5.半端に出ている親知らずは抜く

 生えきらない親知らずを放置している人はいつかトラブルが起こる可能性が高いため、できるだけ早く抜くことをおすすめします。

まとめ

 大人の虫歯の特徴は「見えにくく、気づきにくい」ことです。「自分の見える範囲で虫歯らしきものがないから大丈夫」と安心せず、定期的に歯科医院を受診し、レントゲンやプロの目で悪い所がないかをしっかりと確認してもらうことが大切です。また、歯周病と虫歯は別物と考えられがちですが、歯周病が進むことによってできやすくなる虫歯もあります。今回ご紹介した虫歯の予防対策法は歯周病予防にもなります。ぜひ参考にしてみてください。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ