ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

歯の痛みで夜眠れない!昼間は大丈夫なのに何故夜だけ?その原因と対処方法。

0

 皆様の中で夜眠れないほど歯が痛む、もしくは布団に入ったら突然歯が痛くなってきたなどの経験された方いらっしゃいませんか?これは「夜間就寝時痛」といって歯の根っこの先に病気(根尖病巣)がある時の特徴的な痛みです。一説によれば、この痛みが本当に強い時は、人の耐えられる痛みの中で2番目に痛いとも言われています。この激痛は原因と対処方法を今回はお話いていきます。
 

1.夜の歯の痛みは根っこの先の病気(根尖病巣)から。その原因

 

1-1.虫歯が進行して根の先まで感染するとできる

 虫歯が進行すると歯がしみたり、痛みが出たりします。しかし、しばらくすると症状は一旦収まります。その後、細菌が神経があった管を通り、歯の根の周りの骨を溶かし、根っこの先の病気である根尖病巣ができます。
 

1-2.一度根の治療をしたところが再発してできる

 歯の根は複雑な形をしているため、通常の根管治療の成功率は80%程度なのです。すべての治療がうまくいくわけではありません。そのため、一度根の治療をしたところが再発してできることがあります。
 

1-3.歯が割れたり、歯の根っこにヒビが入ったりしてできる

 歯が割れたり、歯の根っこにヒビが入ったりするとそこから感染してしまい、管を通り、根の先や周りが膿んでしまい痛みの原因になることがあります。
 

1-4.外傷などにより歯に強い刺激が加わると、歯の根っこに病気ができることがある

 歯に強い力が加わると歯の根元で神経が切断され、歯の根っこ病気ができることがあります。特に前歯をぶつけたりすると応力が根の先端に加わり、根尖病巣ができます。 

 このように様々な原因で根っこの病気はできることがあります。では、対処方法はどのようなものがあるのでしょうか?
 

2.夜の歯の痛みが耐えられないときの応急的な対処方法(治療法)

2-1.市販の痛み止めをのむ

 市販の痛み止めを飲んでください。歯の痛みは痛みの中でもとても強いものです。痛み止めで一時的に痛みを抑えることができます。ただし、痛みが一時的に引いてもまた繰り返すか、効かない場合もあります。早めに歯医者で診てもらう必要があります。
 

2-2.冷やしたタオルや冷えピタで痛い歯を冷やす

 冷やしたタオルや冷えピタ等を張ってほほ側から冷やすのと、冷水や氷などを口に含み歯を直接冷やすと、痛みが軽減します。歯の痛みは、歯の中で血液が多くなり神経を圧迫することによって起こります。冷やすことによって、血液の流れが遅くすることができます。
 

2-3.歯科医院で根管治療を行う

 根本的に治すためには、かかりつけ歯科医院などで根管治療を行う必要があります。根管治療を行うことで、根の先の感染を取り膿を出していきます。詳しくはこちらをお読みください。http://mushiba-labo.com/?p=10133
 

まとめ

 いかがだったでしょうか。このような耐えられないほどの激痛になる前に、できる限りかかりつけ歯科医院などで定期健診を受診してください。あと、強い痛みもしばらくすると消える場合があります。これは決して治っているわけではありませんので、痛みが出たらかかりつけ歯科医院に受診することをおすすめします!

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る