ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

朝、寝起きの口臭の原因と予防方法を教えます!

0

 こんにちは。キーデンタルクリニックの小林保行です。

 朝、寝起きの口臭を気にされている方も多いのではないでしょうか?今回は朝の口臭の原因と予防方法をお教えしたいと思います。

寝起きの口臭の原因

 何故、食事もしてないのに起きた直後に口臭がするのかご存知ですか?実は一日の生活の中で、お口の中の細菌がもっとも多くなるのは寝起きです。なんだか起床直後は口の中がネバネバしてとても気持ちが悪いですよね?眠っている時は、ほとんど口を動かしたりしないので、唾液分泌が抑制を受けてお口の中の細菌は非常に増えています。

 それが原因で起床時は、増えてしまったお口の中の細菌と口腔内の乾燥によって、口臭が起こってしまうのです。英語では モーニング・ブレスといいます。口腔内細菌は睡眠後3時間ほど経つと、爆発的にその数が増えていき、約8時間で細菌数は飽和状態になります。では、どのようにして防いでいけば良いのでしょうか?

寝起きの口臭を防ぐ方法

夜の歯磨きをしっかりする

 朝のお口の中の細菌数を少なくするためには、もちろん夜の歯磨きが大切になってきます。夜歯磨きをしないで寝ると、歯を磨いて寝た時とくらべてお口の中の細菌が30倍!とも言われています。磨き残しやお口の中のプラークが細菌の栄養となってしまうのはもちろん、寝ている間は口内を清潔に保つ唾液の分泌が少なくなるため、細菌が繁殖しやすい環境になっています。夜しっかり磨けば、起床時のお口の中の細菌も少なくなるので口臭も少なくなります。

朝起きたらすぐに歯を磨く

 起床時が1番細菌数が多いわけですから、起きてすぐ歯を磨けば細菌は減り口臭も解消されます。欧米などでは、起床してすぐ歯を磨く習慣があると聞いたことがありますが、日本ではまだまだ定着していないと思います。是非みなさんも試してみてください。

磨く時間がなければすぐにうがいをする

 磨く時間がなければ、せめてしっかりうがいをしてお口の中の細菌を洗い流しましょう。これだけでもだいぶ解消されます。たくさんお口の中に細菌がいてネバネバしたお口の状態より、さっぱりした状態で朝食をとったほうがずっと美味しく感じると思います。

乾燥している季節は保湿マスクをしようする

 お口の中が乾燥すると細菌数も増えてしまうので、保湿マスクなどで乾燥を少しでも予防すると細菌の増殖を防ぐことができます。

口呼吸をする方は耳鼻科などにも相談する

 鼻呼吸ではなく口呼吸をする方は、非常にお口の中が乾燥します。口呼吸は、鼻つまりや扁桃腺が腫れていたりすると、鼻で呼吸できず口で呼吸をするようになります。このような症状の方は、耳鼻科で相談していただくことをお勧めいたします。

まとめ

 起きた時の口臭は、朝の歯磨きで解決できますし、朝食を摂ったり、人と話したりして、唾液の分泌が活発になれば、自然に解消される口臭です。ただし、歯科的な問題である虫歯や歯周病などによる病的口臭は歯科治療で取り除かない限り治りません。しばらく歯科に通っていないという方は、一度歯科医院で検診を受けてみてください。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る