ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

その辛い奥歯の痛みは副鼻腔炎(蓄膿症)かも!歯と副鼻腔の意外な関係

0

 季節の変わり目に風邪をひいて鼻水が止まらない、というような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?鼻水は止まらないし、なんだか奥歯まで痛くなってきた!と思って歯医者に行ったら虫歯ではなく副鼻腔炎(蓄膿症)だったなんて方もいらっしゃると思います。

 副鼻腔とは上顎と頬、鼻に囲まれた空洞部分のことです。風邪などによって、この副鼻腔に炎症や感染が流れておきた状態を副鼻腔炎、一般的に蓄膿症と呼んでいます。実は副鼻腔は上顎の歯に近くにありますので、副鼻腔炎になると上顎の奥歯が痛くなることが多いのです。今回は副鼻腔炎によって起こる症状についてお話しいたします。

何故、虫歯など歯の痛みと副鼻腔炎を間違えるのか‼️

上顎洞4
 上のレントゲンの円で囲った部分を見ていただきたいのですが、歯の根と副鼻腔が非常に近い関係にあります。歯の根が副鼻腔に突き出ているようにも見えますよね。このような関係にあるために、副鼻腔に炎症が起きた場合に、鼻の周辺ではなく歯の根のあたりや歯茎が痛いと思ってしまうことがあるのです。

 では、副鼻腔炎とは歯の痛みや歯茎の痛み以外にどのような症状があるのでしょうか。

1.歯以外の副鼻腔炎の症状

1-1.頭痛がする

 副鼻腔は上顎から目の下まで広がっている空洞です。そこに炎症が起こると周りの神経や血管を圧迫します。炎症が副鼻腔の下方で起こる場合は歯や歯茎の痛みとなって表れますが、副鼻腔の上方で起こる場合は頭痛を引き起こすことがあります。

1-2.走ると響く、もしくは階段の上り下りで響く

 副鼻腔に膿などが溜まると走ったり、階段の上り下りをしたりした時に膿が揺れ動き、上顎の上のあたりが響く感じがします。上顎の違和感として表現する人もいますが、虫歯の痛みと錯覚する人もいます。

1-3.お辞儀をした時に痛む

 お辞儀をした時も、溜まっている膿が頭の方に動きおでこや頭の方に痛みを感じる時があります。これも痛みが虫歯の痛みと似ていますので、虫歯が進行したのではないかと感じる人もいます。

1-4.眼の奥や鼻の横あたりに圧迫感がある

 副鼻腔は眼の下まで広がっているため、副鼻腔炎になり膿などが眼の下までたまってしまうと、眼の下の骨や鼻の横の骨を押し上げるため、痛みや違和感を覚えることがあります。目が疲れたときと若干似ているような感覚ですので、目を冷やしたり温めたりして応急手当を行うこともあります。

1-5.口の中や鼻から嫌な臭いがする

 副鼻腔の中でも上顎洞に膿がたまると、鼻や口に近いため、鼻の奥や口の中に嫌な臭いが広がることがあります。歯槽膿漏や疲れ、胃腸の不調による口臭かと錯覚することもあります。

1-6.鼻水が出る

 膿が混ざった粘着性の高い鼻水が出ます。濃い緑がかった色や青い色に見えることもあります。症状が治まってくると白っぽい鼻水に変わっていきますが、粘着性は高いままのことが多いです。また、鼻水が鼻腔周辺に出てくるだけでなく、喉の奥の方に流れていくこともあります。

1-7.鼻づまりが起こる

 鼻腔や副鼻腔が腫れることで、鼻詰まりが起こることもあります。粘着性の高い鼻水の量が増えることでも、鼻が詰まりやすくなります。鼻水が慢性的に出るようになると、鼻腔内に鼻水が詰まって炎症が重症化することもあります。

 このような症状が、歯の痛み以外にあった場合に副鼻腔炎の疑いがあります。 副鼻腔炎による歯の痛みをもう少し細かくご説明しましょう。

2.副鼻腔炎による歯の痛み

2-1.上顎の奥歯が痛い

 副鼻腔炎になると上顎の奥歯全体が痛くなることがあります。上顎の奥歯の根は副鼻腔に入り込んでいることが多く、副鼻腔炎になると炎症が根の先から伝わり、上顎の奥歯が痛くなります。親知らずが生える場所と非常に近いですので親知らずが生えてきたのかと錯覚することもありますし、重篤な虫歯だと勘違いしてしまうこともあります。

2-2.何もしなくてもズキズキする

 副鼻腔炎によって、歯根の先や歯の神経を強く圧迫してしまい激痛が出ることがあります。副鼻腔炎が改善されれば歯根部や歯全体の痛みは治ることが多いのです。ですが、改善されるまでは痛みの強さが虫歯の痛みと非常に似ているために、虫歯治療が必要なのではないかと感じることもあります。

2-3.噛み合わせた時に痛む

 副鼻腔炎によって歯の周りにある歯根膜(しこんまく)という器官に炎症が広がり、噛んだ時に痛い感じがします。歯根膜は何かを噛んだ時に硬い、軟らかいなどを判断する器官です。

2-4.歯の根が浮いた感じがする

 副鼻腔炎によって根の先に圧力が加わり、歯が歯茎から押し出されるように浮いた感じを覚えることがあります。通常、このように歯の根が浮いたような感じがある場合は、歯周病の治療やかみ合わせの調整などが必要です。ですが、副鼻腔炎によって歯の根が浮いたように感じるときは、当然のことですが副鼻腔炎の治療をすることが必要です。

 このような歯の痛みを感じることが多いです。副鼻腔炎が歯の痛みの原因であると判断するには、最終的にはCTなどを撮影し診断する必要があります。原因が鼻からくる副鼻腔炎であれば、抗生剤を服用することによって歯の痛みもなくなります。

3.副鼻腔炎の治療法

3-1.薬物治療

 副鼻腔炎の治療法として一般的なものは抗生物質による治療です。抗生物質を服用することで、細菌の増殖を抑えます。細菌の増殖を抑えると炎症も治まりますので、徐々に症状が沈静化していきます。病院によっては抗生物質ではなく漢方薬や消炎酵素薬が処方されることもあるでしょう。

 内服薬ではなく、ネブライザーを使って薬剤を吸入することもあります。薬品を霧状にしますので、副鼻腔まで届きやすくなります。この場合も消炎酵素薬や抗生物質が薬品として用いられます。

3-2.副鼻腔洗浄

 副鼻腔に詰まった膿を、カテーテル等を用いて直接除去する方法もあります。膿や鼻水などの分泌物を除去してから抗生物質や消炎酵素薬を投与すると、薬品の浸透が高まり、除去せずに薬品を投与するよりも素早く効果を得ることができます。

3-3.手術

 抗生物質や消炎酵素薬を内服したりネブライザーによって吸入したりしても効果が得られないとき、また、副鼻腔洗浄をしてから薬品を投与しても効果が得られないときは、手術を行うこともあります。

一般的な手術方法は、内視鏡を副鼻腔に挿入して炎症部分の粘膜を除去する方法です。鼻腔内に内視鏡を挿入しますので当然違和感はありますが、痛みがほとんどなく短時間で実施できるというメリットがあります。

 患部が広がっているときなどは、外科的手術を実施することもあります。炎症部分が良く見えるように口内からもしくは顔面から副鼻腔を開き、炎症を起こしている部分を切り取ります。切開しますので、腫れやしびれが残ったり、傷跡が残ったりすることもあります。

4.副鼻腔炎の症状を抑える方法

4-1.患部付近を温める

 副鼻腔の周りを温めることで、ある程度炎症を抑えることができます。炎症が治まると痛みも若干引くことがあります。

4-2.寝るときは横向きで

 炎症によって副鼻腔が狭くなり、空気が通りにくくなっています。仰向けに寝ると舌が気道をふさぎ、さらに空気を取り入れることが困難になってしまいます。副鼻腔炎によって痛みが生じているときは、なるべく横向きに寝るようにしてください。

まとめ

副鼻腔炎による歯の痛みは強い痛みになることが多いです。しかも、診断を間違えれば健康な歯の神経をとってしまったり誤った部分を治療したりすることにもなりかねません。当然ですが、原因は副鼻腔にありますので、歯や歯茎の治療をしたとしても痛みは取れません。奥歯上部に違和感や痛みを覚えたり、上記に記したような症状を感じたりした際には、かかりつけ医に相談し、しっかりと検査してもらい納得した上で治療を受けてください。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ