ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

歯ぎしりでお悩みの方が増えています。その原因と治療方法とは?

0

 こんにちは。キーデンタルクリニック歯科医師の小林保行です。

 皆さん、ちゃんと寝たはずなのに朝起きたら「だるい」「コメカミあたりが痛い」「首筋が張っている」などという経験ないでしょうか?このような症状、もしかしたら「くいしばり」や「歯ぎしり」が原因かもしれません。他にも、虫歯ではないのに歯がしみる、噛むと歯が痛い、などの症状が出ることもあります。

 歯ぎしりは睡眠中、無意識に行われる癖のようなものです。歯ぎしりが強いと歯や歯ぐき、顎の関節に大きな負担をかけ、歯の痛みや知覚過敏、歯の揺れ、顎の違和感が出ることがあります。そのままにしておくと歯が割れたり、顎関節症になることもあります。 歯ぎしりの原因はストレスと言われています。はっきりとしたことはわかっていないため、マウスピースを使って歯を守ることが多いです。

 では、くいしばりや歯ぎしりによってどのようなトラブルが起きるのでしょうか?

 

「歯ぎしり」や「くいしばり」で起こるトラブル

1.知覚過敏

最もよく見かけるトラブルで冷たい水などが特定の歯だけしみるという症状を出します。

2.歯が折れる

 歯が折れたり、欠けたりすることがあります。白い樹脂やセラミックなどの被せものが欠けてしまうということもあります。

3.歯周病の悪化

 就寝中は、歯を休ませる時間です。歯ぎしりをすることで、左右に揺らされ歯周病を加速度をつけて進行させてしまうことがあります。

4.歯が揺れる

 歯を抜歯する際に左右に揺らしながら抜くのを御存知ですか?その、引っ張る動きにそっくりなんです。
それは歯にダメージになりますよね・・・就寝中は、噛む力をコントロールする意識が外された状態で、意識がある状態で噛むときの何倍もの力で噛みしめたり、顎が外れそうになるほどに左右に動かして、擦り合わせていることもあります。その為、歯が揺れてきてしまうことがあります。

5.歯の根元を砕いていく

 歯ぎしりにより強い力が歯の根元に加わると、歯の堅いエナメル質とやわらかい象牙質の間に応力が集中し、歯が砕けるように削れていきます。 歯の根元の象牙質には神経とつながっている管があり、歯ぎしりでけずれることで神経とより近くなり知覚過敏を起こしたり、神経が死んでしまうこともあります。

6.肩や首筋、コメカミなどが凝る

 歯ぎしりによって筋肉が緊張し、肩こりが出ます。歯ぎしりの間は無意識のうちに強い力で噛み締めます。その時、噛む力を出す筋肉は肩や首、頭の方まで繋がっており、その筋肉が緊張することによって肩や首筋が凝ったりします。

7.頭痛がする

歯ぎしりによって頭痛を起こすことがあります。歯ぎしりのとき動く筋肉の中には顎から頭の横まで繋がっている筋肉(側頭筋)があり、側頭筋が歯ぎしりによって緊張し、頭痛として現れます。

 このような症状を出す、くいしばりや歯ぎしりに対策方法はあるのでしょうか?

歯ぎしりや、くいしばりの治療方法‼️

1.マウスピースによる治療方法

 もっとも一般的な治療方法です。歯ぎしりは原因がわかっっていないことも多く治療を行なっても確実に止めることはできません。しかし、そのままでは歯や顎に悪い影響を及ぼすためマウスピースによって守る必要があります。マウスピースは人工のものなので削れてしまっても作り直すことができますが、歯や神経を失ってしまうと元に戻すことはできないのです。保険診療で作ることができますので、キーデンタルクリニックでも多くの方にオススメしています。

2.噛み合わせの治療方法

 噛み合わせが悪い=歯ぎしりではありませんが、正しい噛み合わせにすることは重要です。抜いた歯や治療途中の歯、痛い歯などは治すことによって、左右両方で噛める噛み合わせにします。

3.矯正治療

 歯並びが綺麗な方も歯ぎしりをする方もいるので、確実に矯正治療をしたからといって歯ぎしりが止まる訳ではありません。しかし、矯正治療後歯ぎしりや顎の痛みが軽減する方は多く、矯正治療も有効な手段の一つです。

4.ボツリヌス菌による治療方法

 無毒化したボツリヌス菌を緊張した筋肉に入れ、筋肉の動きを弱めます。これは顔のシワを取るために使われているものを歯ぎしりの筋肉に応用したもので注射で入れ3か月くらいもつと言われています。極端に噛む力の強い方には非常に有効です。

5.口の周りのマッサージ

 緊張している筋肉の凝りをほぐし、口の周りの筋肉をリラックスさせます。筋肉がほぐれることにより、肩こりや頭痛をも軽減します。

 このように様々な治療方法がありますが、症状や状態によって適した治療方法はかわってきます。少しでも気になる方は歯科医院で相談してください。

 

まとめ

 歯ぎしりやくいしばりは、強い弱い、短い長いなどの違いはあってもほとんどの方がしていると言われています。個人差はあるものの、放っておくと歯や全身に様々な症状が出てきてしまいます。たかが歯ぎしりと思わず、気になったら早めに歯科医院で適切な処置を受けるようにしましょう!

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.


ページの
先頭に戻る