ムシバラボ
赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

生まれつき歯が足りない先天性欠如とは?

0

 歯を抜いていないのに歯の数が足りない、歯の数がもともと少ない「先天性欠如」という言葉を聞いたことがありますか?普段は歯の数を気にすることはあまりないかもしれませんが、最近では、7歳以上の子供の約1割が生まれつき歯の数が少ないというデータも出ています。学校の検診でお子さんの永久歯の数が足りないと言われたら?会社の検診でまだ乳歯が残っていると言われたら?どのような処置をとる必要があるのでしょうか?

生まれつき歯が足りない先天性欠如とは?

 乳歯は20本、永久歯は親知らずをのぞくと28本あります。先天性欠如とは、何らかの原因で生まれつき歯の卵(歯胚)が作られず、生えてくるべき歯が生えてこないことを言います。1本~数本足りない場合もあれば、すべての歯が生えてこないという場合もあります。
IMG_5650
パノラマ

先天性欠如が起こりやすいのは永久歯

 乳歯に先天性欠如があり、2~3歳頃までに20本すべての歯が生えてこない子どももいますが、永久歯に先天性欠如があるケースの方が多く、大人になっても親知らず以外の28本すべてが揃わないこともあります。

 乳歯が先天性欠如によって生えてこないと、その部分の永久歯も生えないことが多いです。乳歯が癒合歯(隣接する歯と結合した状態で生えてくること)や先天性欠如の場合、次に生えてくるはずの永久歯も癒合歯や先天性欠如になる確率は50%以上とも言われています。乳歯の時点で歯科診察を受けるようにし、癒合歯がないか、先天性欠如がないかを調べてもらうようにしましょう。

先天性欠如の原因

 明らかな原因はわかっていません。遺伝や全身的な病気、薬の副作用、環境などが関係していると言われています。

生まれつき足りない歯はどれ?

IMG_5646
この画像はデンタルフラッシュの画像を使用しています。

  • 親知らず
  • 前から5番目の歯(第二小臼歯)
  • 前から2番目の歯(側切歯)

 これらの歯は、もともと足りないことが多い歯です。親知らずがないことは特に影響はありませんが、第二小臼歯や側切歯が足りない場合は治療方法を考えていくことをおすすめします。

先天性欠如かどうか知る方法

 なかなか永久歯が生えてこなかったり、いつまでたっても乳歯が抜けなかったりする場合は歯科医院でレントゲン写真を撮ってもらいましょう。7歳くらいになると永久歯になる歯の卵(歯胚)が骨の中にあるかないかが確認できます。
IMG_5652

先天性欠如だとどうなる?

 歯と歯の間にすき間が空いたり、歯並びが悪くなったり、咬み合わせのバランスが崩れることがあります。また、欠如部分だけでなく周囲の歯が斜めに生えることで、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

 その他にも、顎や顔の形が変形する可能性が考えられます。欠損部位で上手に食べ物を噛むことができない場合、自然と欠損部位の反対側で噛むようになります。常に同じ場所ばかりで噛んでいると、顎の骨の形が左右対称でなくなり、顎のゆがみや顔のゆがみに繋がってしまうのです。顎全体がゆがむと歯茎で歯をまっすぐに支えることが難しくなり、さらに歯が抜けてしまうこともあります。歯の本数をキープするためにも、また、顔や顎にゆがみを作らないためにも、見た目に異常が現れる前に先天性欠如の部位の治療を開始するようにしてください。

先天性欠如とわかったら

 長期的に経過を見ていく必要があります。適切な時期に適切な処置をしていくためにも、定期健診を受けましょう。

先天性欠如の治療方法

1.乳歯をできる限り残す

 永久歯の歯胚がない場合、乳歯の根も吸収していきませんので、一般的な生え変わりの時期が来ても抜け落ちることなくそのまま生え続けています。この場合はまずは乳歯を残すことを考えます。ただし、乳歯は永久歯よりも歯質が弱いために虫歯になりやすく、また、歯の根も浅いですので少しのダメージで抜けてしまうというデメリットがあります。それに加えて、周りの永久歯と大きさや高さが違うことから、しっかりと歯ブラシが当たらずに虫歯になりやすくなってしまいます。

 少しでも長く乳歯を使用できるように、虫歯や歯周病にならないための定期的な歯科検診や歯科的クリーニングが必要になるでしょう。ただし、本来乳歯は永久歯と生え変わる歯ですので、永久歯の歯胚がなくても徐々に根の部分が吸収されていき、歯がぐらぐらし始め、20代~30代になると抜けてしまうことが多いです。

2.乳歯を抜いて人工的な治療を行う

(1)矯正治療
 本格的な矯正を始められる時期(中学生くらい)になったら乳歯を抜き、抜いたスペースが埋まるように矯正の力を使って歯を動かします。矯正治療は大人になってからもできますので、自然に乳歯が抜け落ちるのを待ち、矯正治療を開始することもできます。ただし、大人になってから矯正治療を開始すると、歯が動きにくく、治療終了までの時間が長引いてしまうこともあります。歯科医師と相談し、矯正治療開始の適切なタイミングを決定しましょう。

(2)人工の歯を入れる
 乳歯を抜いて、または、乳歯が抜けた後、ブリッジや入れ歯、インプラントなど人工の歯を入れて、スペースを埋めることで見た目を調整することができます。乳歯が明らかに周囲の歯と比べて高さが低い場合には噛み合わせのバランスが悪くなりますので、自然に抜け落ちるのを待つのではなく、早めに抜いて、噛み合わせの崩れや顎の骨格がずれてしまうことを防ぎます。

 ただし、ブリッジやインプラント、入れ歯は顎の骨が成長している時期にはできません。他の永久歯が完全に生えそろい、顎の骨格も完成したことを歯科医師に確認してもらってから、治療を実施するようにしましょう。

 また、人工の歯を入れるときは、保険適用内の治療ができるかどうかも考慮にいれなくてはなりません。インプラントは保険対象外ですが、入れ歯やブリッジは銀歯を選べば保険適用内の治療になります。ただし、前歯などの審美的に著しく関わる部位に入れ歯やブリッジを入れる場合には、歯科用レジンと呼ばれる白色のプラスチック素材の歯を保険適用内で入れることができます。いずれの部位であっても自然なオールセラミックなどの白色素材を使用する時は保険非適用となり、1本当たり8万円~15万円ほどの実費が請求されることになります。

3.抜けた状態で放置する

 乳歯が抜けてしまったにも関わらず、後続となる永久歯が欠損しており永久歯が生えてこない場合、通常ならその部分に空間ができてしまうのですが、元々顎が小さい場合などには、周囲の永久歯が押し寄せるように生えてくるために、見た目も歯並びも咬み合わせも特に問題が起こらないこともあります。そのような場合は、永久歯数が足りなくても何も処置をしないことがあります。

先天性欠如を考える上で大切なこと

 歯の数が足りないことは、直接的には問題にはなりません。歯は20本あるいは28本揃っていることが大切なのではなく、きちんと噛めるかどうかが大切なのです。ですが、空いたすき間や歯並びが悪くなっている部分によって噛み合わせに異常が見られる場合は、先天性欠如によって問題が起こっていると判断できます。残った乳歯をどのようにケアしていくか、また、矯正治療や抜歯、インプラント、ブリッジ、入れ歯などの処置も考慮していかなくてはなりません。

 手っ取り早く治療を行いたいと考えたり、少々の噛み合わせの悪さは仕方ないと放置しておいたりすると、症状が悪化し、年齢を重ねたときに自分自身の歯が少なくなってしまうこともあります。長期的な視点に立ち、乳歯を残すか抜くか、どのような治療が最適かなど、歯科医師と相談しながら治療方法を選択するようにしてください。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.

お電話はこちら お問い合わせ