ムシバラボ

赤坂見附駅から徒歩1分のキーデンタルクリニックが歯の疑問にお答えします

医院のご予約・お問い合わせ

03-5114-0118

新規の患者様には「ムシバラボを見た」とお伝えいただくと歯ブラシをプレゼントいたします!
受付時間:9:30~13:30/14:30~19:30(日曜・祝日休診)

歯軋りやくいしばりで悩む人に伝えたい治療方法

0

こんにちは。キーデンタルクリニックの小林保行です。

「歯科でボトックスを使う新しい治療方法とは?」


 ボトックスという治療方法を聞いたことはあるでしょうか?美容治療に使われる治療方法で、ボトックスに入っているボツリヌス菌には、筋肉を麻痺させる効果があります。現在、歯科医院でもボツリヌス菌による治療が行われるようになってきているのです。今回は、歯科医院でボトックスを用いてどんな治療ができるのか、また費用や注意点についてご説明します。

ボトックスとは

 ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の1種にA型ボツリヌス毒素というものがあります。A型ボツリヌス毒素はアセチルコリンの分泌を阻害し、一定期間の筋肉麻痺を生じさせます。この作用を利用することで、シワの軽減や顔面けいれんの治療などが可能になるのです。

 医療用薬品や機器のメーカーとして知られるアラガン社は、このA型ボツリヌス毒素を「ボトックス」という名前で製品化しました。ボトックスは多くの病院やクリニックで使用されていますので、A型ボツリヌス毒素自体のことをボトックスと呼ぶこともあります。

歯科医院で受けるボトックス治療

 審美歯科などを除く一般的な歯科医院では、美容目的の治療を行うことができませんが、美容目的ではなく歯科的治療目的でボトックスが使用され始めています。筋肉を麻痺させることにより、いろいろな症状の緩和に繋がるのです。それでは、どんな症状にボトックスは有効なのかをご説明します。

顎関節症の緩和

 顎に痛みや違和感を覚える顎関節症。口を動かすだけで顎からガクガクと音が鳴ったり、外れるような感覚が起こったりすることもあります。重症化すると口が開かなくなったり、強い頭痛や肩コリ、めまいを引き起こしたりすることもあります。

 顎の噛み合わせ部分の咬筋にボトックスを注射することで、顎関節症の症状を緩和することができます。顎関節症の治療にボトックスを使用することで、症状の1つである肩コリや頭痛が解消されるだけでなく、エラの張りや首のむくみも解消して顔全体の印象がすっきりとすることもあるでしょう。

歯ぎしりや食いしばりの緩和

 咬筋にボトックスを注射することで、歯ぎしりや食いしばりを緩和することもできます。歯ぎしりや食いしばりが続くと、歯や治療で用いたセラミックなどの被せ物が擦り減ったり割れたりすることもありますので、なるべく早めに対処しなくてはなりません。

 また、歯がすり減ってしまうと、噛み合わせに問題が出てくることもあります。噛み合わせが悪くなることで、顔が左右非対称になったり顎が前に出たり、また、虫歯や歯周病になりやすくなったりすることも珍しくありません。早めに治療することで、このような副次的な被害も避けることができるのです。

睡眠時無呼吸症候群などの二次障害も防ぐ!

 歯ぎしりや食いしばりによって、耳鳴りや睡眠時無呼吸症候群などが二次的に起こることもあります。歯ぎしりは周囲の人の安眠を妨害するだけでなく、自分自身の健康も大きく損なう習慣ですので積極的に治療することが勧められます。

ガミースマイルの緩和

 
笑ったときや話すときに歯茎が見えることを「ガミースマイル」と言います。このガミースマイルは上唇が上がり過ぎると生じますので、上唇の上下運動を行う上唇挙筋にボトックスを注入することで治療を行います。

顎にできる梅干しシワの改善

 オトガイ筋が過剰な緊張状態にあると、顎に梅干し状のシワができることがあります。オトガイ筋にボトックスを注入することで、梅干しシワを改善することもできます。

歯科医院でのボトックス治療において知っておきたいこと

 口内や顎、口周りのボトックス治療は、歯科医院でも実施することができます。治療を受ける前に知っておきたいことをまとめてみました。

効果継続期間は3~6ヶ月

 美容目的でボトックスを使用するときと同じく、歯科目的で使用するときも効果は3~6ヶ月続くと想定されています。効果がなくなる前に再度ボトックス治療を行うことが理想的ですが、歯ぎしりなどの習慣的な症状は数度のボトックス治療で解消できることもあります。また、反対に、ボトックス治療を何度も行うことで効果継続期間が短くなってしまうこともあります。

治療時間は5~15分

ボトックス注入に必要な時間は5分~15分です。ただし、麻酔を用いる場合は麻酔が利くまで待つ必要がありますので、治療全体に40分ほどかかることもあります。

ボトックス治療は保険適用外

 歯ぎしりの治療は、保険適用内で実施することができます。ただし治療法が限られており、一般的にはマウスピースの作成などによって治療を行います。ボトックスによる歯ぎしりや食いしばり、顎関節症の治療はあくまでも自由診療として実施されますので、歯科医院によって価格が大きく異なります。歯ぎしり等にボトックスを使用する時は3万円~5万円が相場となることが多いです。

経験豊かな歯科医院で治療を受けよう

 ボトックス治療は、どの筋肉にどの程度のボトックスを打つかによって仕上がりが大きく変わって来ます。ホームページなどを参考に、ボトックス治療の経験豊かな歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

確かな技術で納得の治療を

 ムシバラボを運営するキーデンタルクリニックは、東京の赤坂見附駅から徒歩1分、永田町駅から徒歩3分の歯科医院です。できるだけ抜かない削らない治療を心がけ、痛みの少ない治療方法や先進治療を取り入れることで患者様の負担を軽減するようにしています。良い歯医者さんと巡り会えない方は是非一度、ご来院ください。

Comments are closed.